« 阪神カップ | トップページ | 有馬記念 »

2009年12月21日 (月)

有馬記念

朝日杯は馬連getしましたが・・・・安すぎて泣けました。。
阪神カップはハズレです。前ゴチャつきすぎ・・・・。あんな展開読めるかいな。

負け惜しみもこの辺にして、ついに次は有馬さんですね。
今年の馬券をトータルで考えると、身の毛もよだつほどヒドイもんでしたが、
最後ぐらいしっかり締めさせていただきたい。

そういえば、昨年の有馬さんはもうちょいで100万馬券
(直前でアドマイヤモナークをフォーメーションから外す大失態)
でした。どちらかと言うと嫌な思い出ですが・・。

レース後は自分自身への怒りと後悔で放心状態だったのをよく覚えてます。。
今回は同じ轍は踏まないように、反省点をしっかり活かしていきたいなと。

・荒れること前提で買うのであれば必要以上に点数広げて買うべし。減らすなど言語道断。
・隠れ中山巧者を戦績だけでなく走りっぷりからよく研究して見極めるべし。

んー書いてて思った。当たり前のことじゃん。
でもいざ馬券買うってときに結構大事なことなんだよな。。

ってことで。まだしっかり研究してないけど、

・リーチザクラウン
小回りコースで折り合いが付けば。

・エアシェイディ
中山巧者。確実な末脚。能力的には一枚落ちる印象。

・スリーロールス
初中山で適正不明。要研究。

・セイウンワンダー
走りが安定してきた。中山も悪くない。

・ドリームジャーニー
小回りコースは得意。以前より展開に左右されなくなっている感も。

・ネヴァブション
長期休み明けを叩いての上積みがどれだけあるかがポイント。
コース適正はメンバーを見ても最上位。

・ブエナビスタ
エリ女の上がりのタイムを見るとダメージが心配。
おそらくマクリ差しだが、そこまでの力量は果たしてどうか。

・マイネルキッツ
中長距離路線の王道を行っており、中山コースとの相性もなかなかいいのでは。

・マツリダゴッホ
中山適性は言わずもがな。スムーズな競馬ができなければ昨年の二の舞。

・ミヤビランベリ
コツコツとキャリアを積んでGⅠ初挑戦。
アルゼンチン共和国杯で目黒記念がフロックではないと証明しており、
中山を一度経験しているのもいい。一雨降れば本命視できる存在。


ミヤビランベリ、ドリームジャーニー、マイネルキッツ、セイウンワンダーあたりが
気に入ってます。

ではまた。

|

« 阪神カップ | トップページ | 有馬記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170908/32680545

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念:

« 阪神カップ | トップページ | 有馬記念 »