« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

有馬記念

結論。


◎:ドリームジャーニー
小回りコースに実績があり状態も文句なし!

○:ネヴァブション
外枠だが中山コース適正はメンバー中最高。さらに人気薄で妙味あり。

▲:マツリダゴッホ

綺麗にスタートし綺麗にマクリ切れば勝てる。スムーズさを欠けばアウト。

△:エアシェイディ
中山コース実績十分。勝ちきるのは難しいが馬群を恐れず堅実な脚を使える。

△:ミヤビランベリ
3,4コーナーで早めに来られると厳しいが、前々で運べる脚質としぶとさは評価できる。

△:マイネルキッツ
鞍上三浦くんで大幅割引も日経賞2着実績がありコース替わりで巻き返し期待。

△:セイウンワンダー
鞍上藤田起用で先行策か。外枠は厳しいが状態のよさと距離短縮で買い。



馬券!

9番ドリームジャーニー 1頭軸マルチ → 印全部。  計90点

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

有馬記念

1:アンライバルド
2:ブエナビスタ
3:ミヤビランベリ
4:マイネルキッツ
5:コスモバルク
6:エアシェイディ
7:マツリダゴッホ
8:リーチザクラウン
9:ドリームジャーニー
10:スリーロールス
11:イコピコ
12:テイエムプリキュア
13:シャドウゲイト
14:セイウンワンダー
15:ネヴァブション
16:フォゲッタブル


枠が決まるまで結構イイと思ってたセイウン、ネヴァ、フォゲッタブルが外枠。。。。。


◎:ドリームジャーニー
○:マツリダゴッホ
▲:ミヤビランベリ
△:ネヴァブション
△:ブエナビスタ
△:スリーロールス
△:セイウンワンダー
△:マイネルキッツ
△:エアシェイディ
△:リーチザクラウン

ドリームジャーニーが一応本命。
展開に左右されがちではあるが、JCを回避しここに目標を定めたローテが魅力で、
状態もすこぶる良さそう。距離も大丈夫。
ただ正直、昨年の4着だけがまだ引っかかるところ。。
あの展開ならもっと上位に来てもおかしくないと思うのだが・・・・・。

対抗はマツリダゴッホ
この馬にとってスムーズな競馬ができるか否かで結果は大きく変わる。
状態面も07年と比較するとやや落ちる気もするので対抗まで。

単穴にはミヤビランベリ。
この枠なら自分の競馬ができるし先行すればアル共のようにしぶとい。
ただマクリ合戦になると辛く、実績も一枚落ちるので評価はここまで。
雨が降れば本命も。

その他伏兵がズラリ・・・。
リーチザクラウンの前残り警戒、
ネヴァブションは去年から有馬に出たら買うと決めてたし、
ブエナはいい意味でも悪い意味でも横山の騎乗に注意だし、
スリーロールスは欠点が少なくて切れない、
セイウンワンダーも堅実になってきてる、
マイネルキッツは三浦だけど日経賞ぐらい走れば上位だし、
エアシェイディは中山巧者で馬群を割れる魅力がある・・・。


毎度のことながら、、、絞れない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月21日 (月)

有馬記念

朝日杯は馬連getしましたが・・・・安すぎて泣けました。。
阪神カップはハズレです。前ゴチャつきすぎ・・・・。あんな展開読めるかいな。

負け惜しみもこの辺にして、ついに次は有馬さんですね。
今年の馬券をトータルで考えると、身の毛もよだつほどヒドイもんでしたが、
最後ぐらいしっかり締めさせていただきたい。

そういえば、昨年の有馬さんはもうちょいで100万馬券
(直前でアドマイヤモナークをフォーメーションから外す大失態)
でした。どちらかと言うと嫌な思い出ですが・・。

レース後は自分自身への怒りと後悔で放心状態だったのをよく覚えてます。。
今回は同じ轍は踏まないように、反省点をしっかり活かしていきたいなと。

・荒れること前提で買うのであれば必要以上に点数広げて買うべし。減らすなど言語道断。
・隠れ中山巧者を戦績だけでなく走りっぷりからよく研究して見極めるべし。

んー書いてて思った。当たり前のことじゃん。
でもいざ馬券買うってときに結構大事なことなんだよな。。

ってことで。まだしっかり研究してないけど、

・リーチザクラウン
小回りコースで折り合いが付けば。

・エアシェイディ
中山巧者。確実な末脚。能力的には一枚落ちる印象。

・スリーロールス
初中山で適正不明。要研究。

・セイウンワンダー
走りが安定してきた。中山も悪くない。

・ドリームジャーニー
小回りコースは得意。以前より展開に左右されなくなっている感も。

・ネヴァブション
長期休み明けを叩いての上積みがどれだけあるかがポイント。
コース適正はメンバーを見ても最上位。

・ブエナビスタ
エリ女の上がりのタイムを見るとダメージが心配。
おそらくマクリ差しだが、そこまでの力量は果たしてどうか。

・マイネルキッツ
中長距離路線の王道を行っており、中山コースとの相性もなかなかいいのでは。

・マツリダゴッホ
中山適性は言わずもがな。スムーズな競馬ができなければ昨年の二の舞。

・ミヤビランベリ
コツコツとキャリアを積んでGⅠ初挑戦。
アルゼンチン共和国杯で目黒記念がフロックではないと証明しており、
中山を一度経験しているのもいい。一雨降れば本命視できる存在。


ミヤビランベリ、ドリームジャーニー、マイネルキッツ、セイウンワンダーあたりが
気に入ってます。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

阪神カップ

まずはこっちから。

注目馬

キンシャサノキセキ:
気性が荒く、切れる脚も一瞬だが、メンバー的に連勝しておかしくない。
デムーロがどう捌くかに全てがかかっている。それゆえ軸としては信頼しづらい気もする。

アーリーロブスト:
京阪杯は前にいった馬にはキツイ展開で、あの着順でも仕方ない。
あれだけ負けた馬に、また武が騎乗というのもちょっと不気味。
いくら今年は影が薄い武豊でも、同じ轍は踏まないだろう。ってことで3着候補。

マルカフェニックス:
昨年のこのレースで勝っておりコース適正は抜群。
鞍上角田がなんとも言えないところだが、印は打っておくべき。

スズカコーズウェイ:
1200は短いし1600も長い。重賞を買ったことのあるこの距離で巻き返しがありそう。

ワンカラット:
男馬相手だがもともと短い距離に適正のある馬で相手関係は未知数。
未知の魅力ということでは注意すべき存在。

マイネルレーニア:
1400適性は高く、調教もなかなか。
ハナにすんなり行けばしぶとい。

ドラゴンファング:
前走58キロを背負いながらなかなかの走り。
7ヶ月の休み明けを2回叩いて上積みも見込める。

タマモナイスプレイ:
阪神の千四か千六が一番合う。
切れる脚がないのでポジション取りで立ち遅れると厳しい。

アーバニティ:
ここを勝つ素質はある。コース適正と輸送は未知数。


軸が決めづらいな・・・・・。

一応、◎:マルカフェニックス
で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月13日 (日)

阪神ジュベナイルフィリーズ

ここ最近予想が冴えません・・
今に始まったことではないけどね、って余計なお世話だっつの

とりあえず予想。

軸が決まらないので、
一応、注目馬として・・

・ラナンキュラス
血統面では抜けた存在だが、ファンタジーSの負け方が良くない。
後ろからいってもスパッと切れるイメージもない。
とはいえ人気落ちすぎ感があり、良血ってだけでとりあえず買い。

・タガノエリザベート
嵌れば強い。展開次第で着順は大きく変わりそう。

・カスクドール
先日亡くなったオディールの妹で、血統面の裏づけはある。
姉ほどの素質は疑問だが、これほどの低評価なら買い。

・タガノパルムドール
キャリアは浅いが新馬勝ちの時計が優秀。未知の魅力ならこれ。
血統的にマイルは微妙に短い気もしないでもない。

・ステラリード
前走はレース前に蹄鉄を替えており集中力を欠いたか。
札幌で連勝した実力は侮れず、人気落ちでお買い得。

・タガノガルーダ
白菊賞最先着の割にはかなり人気薄。
決め手もあり立ち回り次第で2,3着には来るかも。

・グローリーステップ
2走前のサフラン賞では先行馬にはキツイ展開でも
最終的には勝った馬と差のない2着。
白菊賞後栗東に残って調整しており輸送のリスクが少ないのもプラス。

・ベストクルーズ
厩舎コメントにもあったが、レースセンスが高い。
相手強化に対応できれば。

・シンメイフジ
大外一気の新潟2歳Sは圧巻。血統的にも母の母にシンコウラブリイがおり魅力的。
勝ち方が極端な分、展開に左右されそうな上に休み明けなのに1人気。

・アパパネ
荒削りだが能力は高い。
栗東で調整されていて輸送の心配はないが大外枠がどうか。





さぁてここからどう絞るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »