« 天皇賞・秋 | トップページ | 天皇賞・秋 »

2009年11月 1日 (日)

天皇賞・秋

◎:カンパニー
○:シンゲン
▲:ウオッカ
△:スクリーンヒーロー
△:エアシェイディ
△:オウケンブルースリ
△:ドリームジャーニー

まず展開がどうなるのかが予想のポイントだと思います
今回の天皇賞のメンバー、そして枠から展開を予想すると、
逃げそうなのはコスモバルク、あるいはキャプテントゥーレあたりでしょうか。
特にコスモバルクは極端な枠に入りましたのでハナを強調していく可能性が高いでしょう。
しかし今のコスモバルクにこの大舞台でハナに行ける速さがあるのか、
そこが疑問だったりします。
もしかすると出のいいウオッカがそのまま前に行ってしまう可能性もあるんじゃないでしょうか。
そうなれば毎日王冠のように道中脚を溜めた馬に差されてしまうかもしれません。

プレミアムレースとはいえウオッカの人気は断然。
ハナに行かされるのは免れても昨年よりもペースが遅くなるのはほぼ確実。
気性的に2000mは適距離とはいえないウオッカが自分のペースを乱され、
最終的に不発に終わるパターンが予想できる以上、今回は過信はしないことにしました。

そこで、
毎日王冠でウオッカを豪快に差し切ったカンパニーが本命。
正直自分は、春の安田記念の4着を最後にこの馬の馬券は金輪際買わないと決めてました。

しかし秋初戦のあのパフォーマンスには驚きました。
この馬に年齢の壁はないんだ。
そう気づかされたレースでもありました。

8歳馬ながらあの瞬発力、そして8歳馬らしい自在性、
ジョッキーとの折り合いも十分でしょう。
好枠で内で溜めながら直線で爆発させる乗り方さえできれば、
このメンバーなら1着も狙えるでしょう。


以下、府中の鬼シンゲン、
ウオッカは単穴まで、府中巧者のスクリーンヒーロー、
春全休の効果が出たオウケン、大外だが終いの確実なエアシェイディ、
直線の長いコースに課題があるも、長距離をこなし本格化したドリームジャーニー

が相手。


買い方はまだ決めていませんが、カンパニーの単勝、3連単、3連複なども
視野に検討していきたいです。あと、焦らずパドックもじっくり観察してから決めます。

|

« 天皇賞・秋 | トップページ | 天皇賞・秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170908/32018809

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞・秋:

« 天皇賞・秋 | トップページ | 天皇賞・秋 »